トップページ

    このサイトではアメ車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の買取におすすめの車買取業者を見つけて少しでも高く売りたい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店で調べてみてください。

    アメ車を高く買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら絶対に損をするので気を付けてください。

    このサイトでおすすめしている車一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社までアメ車の買取査定をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、数年落ちのアメ車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみ。電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありませんのでおすすめです。
    アメ車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算相場が分かるので、「簡単に数年落ちのアメ車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアメ車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたの愛車のアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者がアメ車の査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたアメ車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら日本車メインの買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    ですので、輸入車のアメリカ車であればとりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを活用して概算買取価格を比較してみてください。

    複数の買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。







    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには査定依頼が匿名で可能なところもあるようです。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために連絡先だけは教える必要があるのですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、さほど意味がないかもしれません。

    買取希望の車の査定基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、最初に断っておくべきです。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、名前などの個人情報の記載をなるべく控えたいという時には名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定までの話です。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、売買契約を結ぶときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、取り引きをした相手の名前や住所などの情報をきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は多く、全体に占める割合も増えています。

    よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、夜間や仕事中にも電話がくる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、冷静な第三者に相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    しかしまったく売却不能というものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、買い取ってくれます。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、車を中古車市場に出す時に業者が業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも普通だからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はあっても極めて少ないです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    半分忘れ去られたようになって、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    それから、あらかじめ車検を通してから売ることは無意味になるので勧められません。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、残りの債務を返済しつくすまではローン会社所有の車ということになりますから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、自動車に関連したことだけではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    署名して印鑑を押した以上、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、よく読んで確認してください。

    分からないところがあったら自分が納得するまで営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。