トップページ

    このサイトではアメ車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の買取におすすめの車買取業者を見つけて少しでも高く売りたい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店で調べてみてください。

    アメ車を高く買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら絶対に損をするので気を付けてください。

    このサイトでおすすめしている車一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社までアメ車の買取査定をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、数年落ちのアメ車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみ。電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありませんのでおすすめです。
    アメ車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算相場が分かるので、「簡単に数年落ちのアメ車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアメ車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたの愛車のアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者がアメ車の査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたアメ車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら日本車メインの買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    ですので、輸入車のアメリカ車であればとりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを活用して概算買取価格を比較してみてください。

    複数の買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。







    売却希望の車が今どれくらいで買取して貰えるかをチェックするときに、インターネットを通して車の一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、売却希望の車のメーカーサイトで見積額の参考値を確認することが可能です。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車の年式や車種だけの基本情報だけで検索可能なサイトもありますから、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場により上下しますので、その流行のタイミングによっては一定のカラーにプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    ネット上に沢山ある中古車一括査定サイトを使うと、自分が所有している車の大体の査定相場が分かるので大変有益です。

    スマホやタブレットなどから簡単に申し込みできますから、休み時間や電車などの移動中などスキマ時間を有効に使うことができるでしょう。

    ただ一点言えることは、査定見積もりを行った複数の業者から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、電話連絡がストレスになるようならば、連絡手段にメールを選択できるサイトで登録するようにしましょう。

    雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。

    けれども見落としやすいからこそ「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

    自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしても同じくらいのメリット、デメリットを有するので、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車は、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は日本車とは比較にならないほど少数で、取引の実績値に乏しく、取扱い店舗によって査定額はまちまちです。

    しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

    少しでも高く売るためには、出来る限り多くの買取店に査定してもらい、最高値をつけた業者と交渉することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、書類をそろえる必要があります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意しなければいけません。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、自賠責保険証、リサイクル預託証明書、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなく三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    最近売られている自動車ははじめからカーナビシステムがついているのが多数派となってきました。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには見積額が高くなるかも知れません。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、通常の普通自動車を買取に出したりしないで廃車にしたときだけです。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、税金の還付はありません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    さらに、還付金がある場合でもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    保険会社に対し自らが書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。