トップページ

    このサイトではアメ車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の買取におすすめの車買取業者を見つけて少しでも高く売りたい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店で調べてみてください。

    アメ車を高く買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら絶対に損をするので気を付けてください。

    このサイトでおすすめしている車一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社までアメ車の買取査定をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、数年落ちのアメ車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみ。電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありませんのでおすすめです。
    アメ車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算相場が分かるので、「簡単に数年落ちのアメ車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアメ車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたの愛車のアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者がアメ車の査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたアメ車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら日本車メインの買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    ですので、輸入車のアメリカ車であればとりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを活用して概算買取価格を比較してみてください。

    複数の買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。







    高い値段で中古車売買するコツは、ひとつの店舗の査定だけで満足しないで査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    ほかの会社が出した査定額を提示することで査定金額が変化することがたくさんあります。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、この際にやたらと高い金額を表示してくる会社は詐欺まがいのことをされるかもしれませんので注意してかかってくださいね。

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    査定士や営業マンの話す内容をハナからすべて信用してしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    前もってその車の査定金額の相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に自分の方から駆け引きするつもりでいるとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    持っている車を売ろうと決心したときには、まずはじめにしなければいけないことは、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    相場が分かっていることによって異常に安値で売却させられる可能性を回避することが可能ですし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    中古車屋から車の買取料の入金があるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    たとえ訪問査定の当日に契約の意思表示をしていても、用意すべき書類が足りないと契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、査定の前に、車を売ると決心した時点で納税証明や印鑑証明などの書類を準備しておくことが大事です。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    買取業者に車を査定してもらう時は本人が同席しなければいけないといった強制的なルールはないものの、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を防止すべく、できるだけ所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    トラブルの例としては、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、自分で傷を捏造して安く買い叩く業者もいるそうです。

    曇天の日や雨が降っているときなどは、車のキズなどのアラ隠しになってマイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、業者自身も見づらいのは分かっていますから、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    それに掃除が行き届いている車というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    お天気次第でこちらが絶対有利なんてものはないですし、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、トラブルになりやすい重要な項目に関しては書き残しておくと良いでしょう。

    書面に書き残すのを面倒くさがる相手は、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    愛車を売ろうという場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると却って不調になることが多いのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。