トップページ

    このサイトではアメ車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の買取におすすめの車買取業者を見つけて少しでも高く売りたい」ということを考えているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店で調べてみてください。

    アメ車を高く買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら絶対に損をするので気を付けてください。

    このサイトでおすすめしている車一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社までアメ車の買取査定をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、数年落ちのアメ車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみ。電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありませんのでおすすめです。
    アメ車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算相場が分かるので、「簡単に数年落ちのアメ車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアメ車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたの愛車のアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者がアメ車の査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたアメ車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に対応していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら日本車メインの買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    ですので、輸入車のアメリカ車であればとりあえずランキング上位の車買取の一括査定サイトを活用して概算買取価格を比較してみてください。

    複数の買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。







    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    販売店のスタッフの話をハナからすべて信用してしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    前もってその車の査定金額の相場が幾らぐらいになるかを調査しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに自分から交渉する心構えをしておくとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    手持ちの車を売りに出したいと考えたときにお勧めできるのが、無料一括査定サイトを使って査定する事が上手な方法といえます。

    たくさんの業者の査定額を比較できますから、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても最も高い金額を提示してくれる店舗をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、さらには自分が持っている車の価値がおおよそ現時点でどのくらいの金額になるのかの目安がすぐに分かるのです。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合はあらためて用意すべき書類等はないものの、業者が決まって売却するにあたっては、複数の書類が必要になります。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、婚姻による氏の変更や転居で住所地の確認が必要なときは提出書類は増えます。

    業者は決まらなくても、売ると決心した段階で早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    たとえ訪問査定の当日に契約の意思表示をしていても、必要な書類が足りなければ契約は不可能です。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、売却(査定)業者を決める前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから事前にネットなどで調べておきましょう。

    増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少ないですから、安値をつける業者もいれば高値の業者もいるなど相場が確立しておらず、他店のほうがずっと高く買い取ってくれたのにと後悔するのも、外車のほうが多いです。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、独自の販路を持っていることから場合によっては高額査定も期待できます。

    しかし一口に輸入車と言っても、店舗によって得意分野が大きく違うことが多いです。

    ネットの一括査定サービスなどを活用し、業者を絞り込んでいくことが肝心です。

    近頃販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多くなりました。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えばプラスの査定が期待できます。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば手放すことでかなりの節約になること請け合いです。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計を鑑みると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。